澄んだ水ときれいな空気

長野県松本市で摂食障害者の家族・関係者の自助グループを主催

淋しい夕暮れ

f:id:mimib:20170108165055j:image

雪の中の夕暮れ。

以前あった素敵な木はなくなり、田や畑が住宅になるらしい。

 

我が家の中でもひとつ命が消えてしまい、時間はずっと動いていることを知らされる。

 

前にはきれいな夕暮れと感じていた景色も淋しいと感じている。

これから少しずつ、独りになる日に近づいていくことを一日一日考えて、しっかりと噛みしめて過ごそう。

気付くことが遅くなる前に、よく見て考えて、楽しみや思い出を作っていこう。

人や物や生き物との出会いを、つながりを大切にしていますかと自身に問いかけていこう。

そして、いつかまた、きれいと思える日が来るのかな。前とは違う感じ方かもしれない。その方が自然だね。

 

いつも私と関わりをもってくれている人々に、感謝する気持ちが大きくなってきた。

年に一度だけでも、月に一度だけでも、もちろん毎日でも、ありがとうございます。

 

やな事も生きているということだね。

関わりがあるから、価値観が合わないことに気づいて嫌なんだね。

自分が大切にしていることは何かを見据えて、重きを置いていく。それ以外は特に大変なことはないよ、きっと。

 

また、仲間に会いたいな。

分かち合いたいな。

私のこの心をどんな風に感じるだろう。

どんな風に受け止めるのだろう。

何か返してくれることがあるかないかも知りたいな。

 

いろいろなことが思い出される淋しい夕暮れ。