澄んだ水ときれいな空気

長野県松本市で摂食障害者の家族・関係者の自助グループを主催

みんな、それぞれ

f:id:mimib:20161216202930j:image

 

いろいろな想いをそれぞれが感じながら生きている。

同時に進んでいくその想いは、駆け引きとなって交差する。

自分が優位になれるように、嫌な想いはしないように注意しながら進んでいく。

でも、どんなにいいようにしようとしても、反対から見ることで反感を買ってしまうこともあって難しい。

 

並んで立っている木は、きちんとしているようで、それぞれに差がある。

協調しているようで、争っている。

同じ方向を向いているようで、ばらばらだ。

 

今の私の日常と似ている。

 

並んでいる木の風景が大好きなのは、そのせいかな。