澄んだ水ときれいな空気

長野県松本市で摂食障害者の家族・関係者の自助グループを主催

心配する心

私の中にたくさんの人がいる。

いつも討論していてうるさい。

 

誰とも話さなくて大丈夫と思いながら、誰かの話にコメントしたくてウズウズしている。

あの人は仕事の付き合いだけの人だから、私の関係性の中で一番外側に近い人だよということを忘れてしまう。

 

「誰もいなくても我らは味方だよ」

その言葉を忘れてしまう。

 

不安と闘いながら、毎日を過ごしてきた。

心配にがんじがらめになりながら長い年月を過ごしてきた。

 

だけど、ふんばって、日常生活は送ってきた。

 

頑張り過ぎるとダメなこともあるのかな。

でも、頑張らないと暮らしていけないよね。

 

確実に仕事は辞めるなぁ。