澄んだ水ときれいな空気

長野県松本市で摂食障害者の家族・関係者の自助グループを主催

いろいろなキモチ

人間は、みんな同じ方向に向かって歩いている。
時間の流れに逆らえる人は今の所いないらしい。

同じ方向に向かっていながら、抜かしたり、抜かされたり、休んだまま日々が過ぎていったり…そんな話を聞いて、今の所は共に歩いてくれる人がいることがすごいと思えた。
感謝です。

きっと、どんな状況でも一緒に、そして、転んだら必ず起こそうとして、支えてくれると信じられる。

冷たい人と思ったとも言われた。
他の人が、気が利いて優しいと言われていた。

それはきっと世の中の一般的な評価だけど、本当のところがわからないのだろうな。きっと。
冷たいのはあなたに近づき過ぎるのを防ぐため。
気が利いて優しいのは、自分のため。