澄んだ水ときれいな空気

長野県で依存症について考えています。

生きたいけど、生き方がわからない。

f:id:mimib:20180613224023j:image

 

生きることも死ぬこともできない。

つまり、死にたくないけど生き方がわからない。

 

こんな風に言ってもらえたら、今の私の気持ちにぴったりだった。

生き方を教えてくれるのが、12ステップだと、後から気付いて、心の中で繋がった。

 

I施設長さん、ありがとうございます。

一生懸命、学びます。

 

涙が出ながら、心で小人ちゃんが大丈夫、大丈夫と言ってくれていた。

 

今日、行った、自助グループで出会った先を行く人が、小人ちゃんの話を聞いてくれて、自分の心の中にも、天使がいると教えてくれた。

天使を真っ白な布団に寝かせてあげたいと思って、自分の布団も真っ白な布団に取り替えて眠ると、とてもいい気持ちになったとか。

私も、明日は小人ちゃんとおんなじ、アマゾネスファッションで行こう❣️

 

昔、見た、九段下のタマネギは、どこにあるのかよく分からなかった。

自分で生きて気付いていく。

 

気づきと落ち着きとお墨付き

f:id:mimib:20180612175406j:image

 

心の中の小人の話をSA女史にしたら、大事にすると良いよと言ってもらえた。

 

小人ちゃんと話をしていても良いですか?と聞くと、良いですよ。でも、人前で口に出して話さない様にねと笑ってくれた。

 

夕立のあとに綺麗な光が差してきた。

きっと大丈夫。

 

今度は、小人ちゃんと一緒に美術館や博物館に行こう。

動物園でパンダ🐼を見てこよう。

イメージの中で ②

f:id:mimib:20180611142107j:image

 

私の心の中の神さまは、

⚪︎小さい。…豆つぶみたいに小さい。

⚪︎性別は女の人。

⚪︎強い。…まるで、アマゾネスの様に。 

⚪︎ぱっつん前髪。…黒髪。お目目ぱっちり。

⚪︎二頭身…かわいい。

 

絵本のヤマンバのまゆみたいなイメージ。

性格はまゆの母ちゃん。

 

頼りになる。

有り難い。

 

美術館に興味は全く無かったけど、行ってみようかなぁと思う。

心境も変化。

 

 

イメージの中で

f:id:mimib:20180611135324j:image

 

今日は、施設がお休みで、夜のミーティングの前に、古巣の自助グループへ行く計画。

まず、アポを取る。

 

電話に出た仲間が、初めての仲間で、他の仲間に代わってもらうのにドキドキして、まずはめげた。

代わって出てくれた仲間も「バタバタしてるけど、来てもらうのは良いですよ。」

大歓迎の雰囲気ではない事にまた、めげそうになる。

心の中の神さまに聞いてみた。

SA女史と話して、自分から行きたいと言ったんだよと思い出させてもらって、向かう。

 

心が乱れると病気が始まり、妄想が始まった。その中で、夫や息子の事が心配になり、それぞれの神さまにお願いした。(妄想してすぐ神さまにお願いできたのは、良かった。)

その時、私の心のふにゃふにゃなイメージが湧いて、仲間に「みみさんの神さま、頑張っていますね」と言われたことを思い出して、ふにゃふにゃの心を一生懸命に支えてくれる小人みたいな神さまのイメージが湧いた。

ひとりぼっちと思って、寂しくて不安だったけど、神さまが「頑張って支えてるからね。ひとりぼっちにはならないから。」と言ってくれた気がした。

そうしたら、胸の奥の心の芯が温かくなった。

 

そう。私が死ぬまで、私の神さまは一緒にいてくださるんだ。一人にはならないんだ。

そう思えた。

 

昨日、行ったカフェで見たガーデニング

もし、帰れたら、庭を愛そうと思う。家を愛そうと思う。

文句ばかりだった私の意志。

愛するとは関心を持つことと教えていただいた。

与えられた物を愛そう。

幸せになれるかなぁ

f:id:mimib:20180608224738j:image

 

今日は昼から講演会に参加。

いつもと違う場所へいつもと違う駅から向かう。

集合場所に行きたいのに、改札がわからない。

出口もわからない。

 

電車の中から、いつもと違うことで小パニック🤯なのに、疲れてきた。

飲み物飲んで、食べ物買って、探したら見つけられた。

仲間に会えてほっとした。

 

講演会では、依存症は人を「信じられない病」信頼障害って。

じゃあ、共依存は??

他の人が信じられないのかな?

そして、私は夫には信じてもらえなかったということかなぁ。

 

その後、映画を見た。

その中で、ある人が、12ステップをやると幸せになれると言っていた。

 

今からでも、なれるかなぁ。

 

空の雲がさーっと気持ちよく流れていた。

 

 

 

 

自分が楽しいから行こう。

f:id:mimib:20180607083015j:image

 

昨日の朝は、雨だったせいか、動きたくなかった。

なんで私が頑張っているのか。

もう、疲れた。

やだ。

このまま、寝て逃避したいと。

 

でも、「このまま、家にいたら、もっと大変だよ。行けば仲間に会えるよ。ミーティングにも出られるよ。」と小さな声が教えてくれた。

 

それは、神さまというより、心の中に住んでいる小さなこびとのように感じた。

 

〜〜自分を超えた偉大な力は、空から包み込んでくれる神さまのように感じるけど、その神さまのメッセージを今は心の中の小さなこびとが教えてくれているのかもしれません。〜〜

 

そして、そのあと、ゆっくりだけど、支度をして、休み休みだったけど、一歩ずつ進んで、目的地に到着できた。

 

午前中は調子が悪かったけれど、いつも通りに接してくれる(もしかしたら、ミーティングでの私の調子が悪いというメッセージを覚えていて、いつも以上に気を遣ってくれていたかもしれない)仲間たちのおかげで、昼頃には持ち直し、夕方には個人セッションで大好きなAS女史に話をたくさん聞いてもらい、明るい気持ちになれました。

 

そして、ミーティングまでの時間の使い方は、ただ待っているか、お茶して宿題をするか迷って、結局「お茶して宿題」に決定。

レーズンサンドくらいご褒美に…と思ったら、ワッフルが30円しか違わないのに気づき、お店の人に申し出られました。

ちょっと勇気がいったけど、よく頑張って言えたので、大きなご褒美になりました。

 

コーヒー☕️にミルク🥛を3個も入れるのが、昔の私の嗜好に戻ってるかもしれません。

 

今日は、少し天気も持ち直し、朝も昨日の経験から前向きな気持ちで起きる事が出来ました。

そして、自分が楽しいから、行こうと初めて思えました。

 

この頃は、施設への通所にも慣れ、緊張も少し緩んで楽になった分、いろいろな気持ちも溢れてきていた事も原因の一つかもしれませんね。

 

もしかしたら、私の事が一番わからないのは、私自身かもしれません。

 

私のケアを私一人ではできないのに、人のことばかり気にしていたのは、私自身に自信がないから、周りの人の力でなんとかしようと頑張っていたのでしょうか。

それじゃあ、周りの人はアイテムで、私の役に立つか立たないかが判断基準になって当然で、役に立つようにコントロールするのはまるでゲーム🎮のようです。

 

この気づきをミーティングで仲間に聞いてもらい、自分にしっかり落とし込みたいです。

 

私一人では、難しいことを仲間の中でさせてもらえることに感謝です。